Une femme est une femme.

femme2

最近、私を含めた女たちがバタバタ、ソワソワしている。
アラフォーという域に入った女たちは、
その先の5年後、10年後どう生きたいの?と考えている。

思い描く未来は大きくて、
ふと冷静になった時
「それって必要なのかな?」
と感じてつまづいた。

そのつまづきは、ネガティブな印象ではなくて、
むしろ溜め込んでしまった脂肪を取り除くようなもの。

やりたいこと、やりたくないこと。
ものすごく単純だけど振り分けていったら、
突然展望が開けたかのように、
自分の5年後、10年後の姿が思い浮かべることができた。

フリーランスになってからの私は
「仕事が第一」で生きてきた。
「だって私を必要としているから」と。
そうやって本来ほかで欲しているものを抑えていたのかもしれない。
最近はそう感じている。

これからのわたしに必要なことは、欲張らないこと。
力を抜くこと。そして健康で過ごすこと^^

そういえば、
“かわいいオカルト”と自分の作る雑誌をそう評する
服部みれいさんの『あたらしい自分になる本』を久しぶりに読んだら、
数年前では全くぴんと来なかったテーマにぐいぐいおもしろさを感じている。
アフォメーションは、今やったらすっごくはまりそう。

—ひとは、願望するから叶うのではなく、
叶うから願望するのである—

うん、いい言葉だ!