女性っていいよね

 

生花を乾燥させたところに樹脂をコーティングして作品をつくる「和花苗」。はじめて彼女の作品を見かけたのは、たしかfbだったかな? 着色をせず、自然に変化した色をそのままに、結婚式の花冠や日常使いのアクセサリー、さらには空間演出まで行っている様子を垣間みるうちに、いつしか「和花苗」の作品と、まだ見たことのない作り手に惹かれていました。

わたしが主催しているイベントで、善光寺花回廊期間中に開いている「OPEN MARKET」があります。花や香り、色をテーマにした作り手を集めて小さなマーケットをしているのですが、いつか彼女にも出てもらえたら…なんて淡い夢を描いていんです。

とはいえ、どこにいるかも分からない。

ところが、出会いは突然訪れました。「喫茶ヤマとカワ」に出かけた時のこと。店内のいたるところに、生花を樹脂でコーティングした作品があるじゃないですか。「いやいや、そんなまさかぁ…」と思いながら尋ねてみると、「和花苗」のふゆさんだったのです。

“念ずれば花開く”なんて言いますけど、まさにその言葉がぴったりな瞬間でした。

そんな出会いから数カ月が経ちました。今日は長野市上松にある「kotori hair make」で『和花苗と花あそび』というイベントが開かれました。参加者は好みに応じて、ピアスかブローチを作ることに。使うのはもちろん、ふゆさんが用意してくれたお花たち。花の種類、形、大きさ、色を選ぶ間、「悩むなぁ」なんて言いながらも、みんなの目はキラキラ!こんな時、女性っていいなあって思います。きれいなもの、かわいいものに対して単純にテンションが上がっちゃう。その軽やかさは女性ならではだと思うのです。

仕上がった作品は、いつもの自分のイメージとは少し異なるものでした。白いシャツにすっと付けたいブローチ。なんというか、とってもシンプル。たまには、そんなのもいいかもしれないと思ったひと時でした。